このブログを検索

2019年6月18日火曜日

公開シンポジウムのご案内

 第102回定例研究会を西南学院大学において開催します。 
 定例研究会プログラム

 その中で,公開シンポジウムを実施します。

 参加費 500円 (学生無料)

 6月29日(土)15:30より

 受付 西南学院大学  1号館 2階 玄関ホール

 ※公開シンポジウムのみの参加も可能です。



 公開シンポジウム

「カリキュラム・マネジメント再考」


シンポジスト
石井 英真 (京都大学 准教授)
田村 知子 (大阪教育大学 教授)

コーディネーター(予定)
千々布敏弥(国立教育政策研究所)

 今次改訂学習指導要領のキーワードの一つとして、カリキュラム・マネジメントが挙げられる。この語について学習指導要領は、「各学校においては,児童や学校,地域の実態を適切に把握し,教育の目的や目標の実現に必要な教育の内容等を教科等横断的な視点で組み立てていくこと,教育課程の実施状況を評価してその改善を図っていくこと,教育課程の実施に必要な人的又は物的な体制を確保するとともにその改善を図っていくことなどを通して,教育課程に基づき組織的かつ計画的に各学校の教育活動の質の向上を図っていくこと(以下「カリキュラム・マネジメント」という。)に努めるものとする。」と記している。
 本学会は 1983 年に『地域に根ざす授業の条件づくり』と題する教育課程経営に関する図書を上梓している。教育課程経営を教育課程に関する条件整備と位置づけ、その編成のあり方を含めた PDCA サイクルのあり方を提言した斬新な書である。その後の中留武昭元会長と田村知子会員による同テーマに関する諸著作は、今日のカリキュラム・マネジメント概念を牽引するものと言えよう。そうであるからなおのこと、本学会発祥のカリキュラム・マネジメントがそのまま国の教育課程行政を後押しする概念として活用される状況を批判的に見直す必要性があると考えている。大きな視点の相違は、本学会のカリキュラム・マネジメントが学校経営(マネジメント)を基点としているのに対し、学習指導要領は教育内容に関する国の基準という性質から教育課程(カリキュラム)を基点としていることである。アクティブ・ラーニングをめぐり、教育内容の基準であるべき学習指導要領で教育方法を記述することの是非が議論されたのと同様に、学習指導要領で学校経営が記述されることの是非を議論する必要がある。法や学習指導要領の規定に関係なく各学校は学校組織も教育課程も「経営」する必要があることは無論であるが、そこにおいて学習指導要領がどのように影響するのか、どのように影響すべきなのか、各学校における教育課程経営を含めた学校経営はいかにあるべきか、今一度見直す必要がある。その思考実験のため、教育方法学の立場から授業研究とカリキュラム・マネジメントに深くコミットしつつある石井英真・京都大学准教授を招聘し、田村知子会員との鼎談を通じてカリキュラム・マネジメントのあり方を再考することとした。(大会運営委員会顧問:千々布敏弥)


2019年4月26日金曜日

第102回 定例研究会 開催のお知らせ

令和元年6月29日(土)

西南学院大学において,第102回定例研究会を開催します。

みなさん,ご参加いただけますようお願いいたします。

当日は,自由研究発表,公開シンポジウムを開催予定です。

※ニュースレター67号を参照ください。

総会も開催されます。

会員のみなさまには,詳細について,5月末に郵送いたします。

自由研究発表も募集しております。締切5月22日

ご確認ください。

第102回定例研究会自由研究発表の募集
ニュースレター67号

2019年1月15日火曜日

九州教育経営学会研究紀要第25号 投稿論文の募集について

添付ファイルの通り、論文を募集いたします。

会員の皆様、投稿をご検討いただけますよう、お願いいたします。

投稿申し込み 締切 平成31年2月 4日(月)(郵送の場合は消印有効)
論文投稿   締切 平成31年2月20日(水)(郵送の場合は消印有効)


 第25号 申し込み書一式

2018年11月22日木曜日

第101回 定例研究会(自由研究発表・シンポジウム)最終案内



平成30年12月1日(土)
第101回 定例研究会(自由研究発表・シンポジウム)を開催します。
是非ご参加ください。

シンポジウムは,いま最も関心の高いテーマの一つである「主体的・対話的で深い学び」に焦点をあて,本学会会員の国立教育政策研究所の千々布先生をコーディネーターに,対話的学びの構築に成功し、それを主体的で深い学びにまで昇華させている2校にその実践内容と彼らの授業法構築の過程を紹介していただき、各学校における主体的・対話的で深い学びをどう実現するかを考える視点を共有することを目指します。

当日は,コメンテーターとして ,本学会前会長,九州大学名誉教授の中留 武昭先生も登壇される予定です。

詳細は,PDFファイルをご覧ください。
会員の皆様には,郵送しております。
同封のはがきに,参加の可否をご記入の上,ご返送ください。

2018年11月8日木曜日

シンポジウム案内(PDFファイル)

平成30121日(土)

15:1516:45  シンポジウム 

         「主体的・対話的で深い学び」のあり方を探る

            コーディネーター 千々布敏弥(国立教育政策研究所)

 ※ 資料代 500円。
 ※ 学会員だけでなく,一般の方も参加できます。

2018年10月29日月曜日

第101回定例研究会 平成30年12月1日(土)開催 自由研究発表を募集します

第101回定例研究会1次案内(PDFファイル)

公開シンポジウム案内(PDFファイル)

1 定例研究会スケジュール

平成30121日(土)

13:0015:00   自由研究発表 発表者募集中

 15:1516:45 公開シンポジウム

         「主体的・対話的で深い学び」のあり方を探る

            コーディネーター 千々布敏弥(国立教育政策研究所)

2 会場

 福岡市立東光中学校
 〒812-0008 福岡市博多区東光2丁目151
 http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/jhtoko/

3 自由研究発表募集

 締め切り11月9日(金)
E-mail(推奨),FAX,郵送にてお申し込みください。
kaseaedu@gmail.com
 
発表を希望される会員は,次の情報をご連絡ください。(様式自由)

(1)発表者名前・所属(共同研究の場合は,発表者に○印をつけてください。)
(2)発表タイトル
(3)住所
(4)電話番号
(5)メールアドレス

4 発表要領

 (1)発表時間:20分,質疑応答10分程度
各会場で,発表者全員の発表後,全体討論を予定しています。

 (2)資料を当日40部ご持参ください(受付に1部提出ください)。

  (3)発表概要(400字程度)を1116()までにE-mailでお送りくだい。